新築の一戸建てと値引き

新築の一戸建てを購入するのは、おそらく一般的に人生の中で一度きりです。買わないという方も多いかと思います。ですから、慎重に進める必要があります。

新築の一戸建ての値引き率と相場

もちろんお金がたくさんあれば、高い家を購入することができるのですが、どんな新築の一戸建てを建てるにしても予算が必要です。新築の一戸建ては、他の車や家電を購入することと同じで、できるだけたくさんの値引きをしてもらった方がお得ですし、考え方によっては、本来値引きした金額で手に入るものが、値引きしなかった為に多くのお金を支払うとなると損になります。

capture-20160128-151247

特に新築の一戸建てのように支払う金額が高額になると、値引きしないとなおさら損をしてしまいます。では、新築の一戸建てを購入する場合、値引きの相場はいくらかというと・・・
購入金額の3~5%前後です。

例えば3000万の場合・・・5%だと150万・・・3%だと90万です。この金額までは値引きが十分可能というわけです。しかし、3~5%以上値引きをしては、営業担当者に見込みなしとみなされてしまったり、他の人が値引きをせずに買ってしまって、購入を逃すことになりかねません。また、建売と注文住宅の両方に当てはまることですが、予想値引き金額が大きい場合、不良物件やいわくつきの物件などであれば後々後悔することになります。(値引き金額以上に損をする可能性も・・・)

新築の一戸建てを購入する場合は、まず自分が購入したい土地付近の物件などを見て回ったりなど、周辺の土地情報を知ることからはじめましょう。たくさん情報を集めていくうちに、土地情報だけでなく間取りや部屋のデザイン、オプション情報、安全性など、自分が欲しいものや付けたいものが分ってきます。その後予算と要望をすり合わせていくと自然と良い家が出来上がります。必要なもの、不必要なものをしっかり仕分け作業を行いましょう。

値引きの相場については、最初にお伝えしましたが一つの目安としてご理解ください。建てる土地や、建てる時期、業者によってもその差が違ってきます。大手ハウスメーカーでは、5%の値引きでなく10数%の値引きをしてもらえた話も耳にします。ハウスメーカーの場合だと条件付きで20%以上の値引きをされるようです。しかし、大幅な値引きの場合、条件付きの場合で合ったり売れ残り物件で合ったりと、販売促進の為の値引きだったりします。

販売促進の為の値引きの場合、CMや広告代にな何十万何百万使うよりも、広告費を値引き代に当てて口コミで「値引き」を広げていく手法であったります。売れ残り物件を見極める方法は簡単で、売り出された時期を調べることですぐわかります。

値引き金額が少ない場合は、値引きの代わりにオプションなどの特典サービスをつけてもらうのも一つの方法です。新築の一戸建ては、一生に一度の買い物なので、あらゆることを慎重に選びましょう。

新築の一戸建ての値引き期間は?

363093c085eda22dcdd4a312c14aa660_s

新築の一戸建ての値引きは可能だと言うことは理解できたと思いますが、一番初めに値引きできる金額が最も重要になります。毎月の住宅ローンの支払いも少なくなれば、それだけ毎月の家計も楽になります。よく新聞などの折り込みチラシで新築一戸建てが掲載されるのですが、
価格が低下の場合と、値引きされた場合があります。このような場合、時期が関係していることが多いです。値引きの時期は、ハウスメーカーや決算などの都合でされるのですが、多くの場合、「売れてないだけ」で値引きされます。

ここには売れ残りという表現でなく、次の販売予定があるので、早めにここの物件を売ってしまいたいという意思があるのです。しかし、そんな事情は買う側には関係がなく安く購入ができるチャンスと考えるべきです。ただ、買い手がつかないだけで、立地や構造も問題ない場合もありますから、値引きされている理由をしっかりと聞いて納得した上で決めることが大切です。

また、新築には新築と呼べる条件があり、物件が完成して一年未満であり、誰も住んだことがないことです。ですから、一年後には新築と呼べなくなるわけです。

新築の一戸建ての値引きをする鉄板ポイント

capture-20160127-150053

それでは新築の一戸建てをこれから購入しようと考える方に、新築の値引き方法の鉄板ポイントについてお話していきたいと思います。夢のマイホームを購入するわけですから、失敗や損にならないようにしましょう。購入金額は2000万円でも、1000万円でも、3000万円でも同じなので、実践したほうがいいですね。

まず、値引きの通常交渉額は3~5%が目安です。基本的に相手から値引きを言ってくることはないので、こちら側から無理だとわかっていても値引き交渉を持ちかけましょう。少額の値引きでも、全くないよりは得ですし、1%の割引でも金額にすると十数万の差が出ます。

そして値引きをするタイミングは二回、契約前と完成後です。契約前は印鑑を押す直前、そして完成後は家が完全に出来上がった最終の支払いの時です。この二回の値引きチャンスが最も大きく、特に出来上がった後のタイミングは、業者も支払ってもらわなくてはいけないので態度もこれまでに比べ低姿勢になります。もうすでに完成している建売住宅なら、大きな値引きが期待できます。あなたもこのようなタイミングで値引き交渉を進めてくださいね。たとえ値引きができない場合でも諦めず、値引きがだめなら他のサービスやオプション機能を付けてもらいましょう。値引きの直球がだめならサービスをつけてもらう変化球交渉で勝負です。

人生一度の大きな買い物なので、出来るだけ良いものを購入しましょう。値引きの方法はお伝えしましたが、最後に・・・値引きのコツは他のハウスメーカーや業者の価格を知っておくことです。他社と比べながら家を探している、というあいまいな表現で切り込んでいくのもかなり有効です。

値引きの観点をすてる。

価格を抑えるためには値引きは重要ですが、値引きよりも大切なことがあります。それは他社との価格の比較です。一括でカタログ請求と見積もりりサイトに複数登録することで、費用が数百万円単位で変わることがあります。

一括の見積もりを取るメリット

  • 他社との価格競争ができる。
  • 値引き金額よりも大きな費用の削減ができる。
  • 最終的に決めた会社で更に値引き交渉を開始できる。

この方法は私もとてもおすすめしている方法なのですが、見積もりは単に費用や相場を知る以外にも、「私の新築はもっと安くできないの?これだけ高い金額を支払うのだからそれなりのサービス特典つけてよ。」と交渉材料にも使えます。

もう既に複数社の見積もりを取っている方は不要ですが、まだどこからも見積もりを取っていない方、1社だけ見積もりを取っている方は比較したほうが余分な出費を抑えることにつながるので見積もりをとりましょう。。私の場合1社だけで見積もりをとっていたのですが、比較サイトがあることを知り、見積もりを見比べてみました。すると数百万円も価格に差がありました。

体験談はこちら

家という大きな買い物をするのですから比較をしないで決めてしまうと損をするので注意しましょうね。それでは各見積もりの申込みも家のタイプ別に分けていますのでご自身の建てたい家の種類を選んでぜひ無料の資料請求を行なってください。

■注文住宅
注文住宅とは自分で家のデザインを考えて新しい家を一から作ります。家をこだわりたい人向け。登録会社一部紹介(積水ハウス・大和ハウス・タマホーム・アイフルホームetc)
注文住宅のカタログ請求の詳細はこちら

■平屋住宅
平屋住宅は1階建の家のことです。2階がなく生活の動線を重視したい方向けです。
平屋住宅のカタログ資料詳細はこちら

■ハウスメーカー住宅
ハウスメーカー住宅は大手ハウスメーカーがある程度デザインや間取りなどを考えてくれているので新築のイメージ・実際に住んでいる状況を想像しやすいのが特徴です。
ハウスメーカーのカタログ資料の詳細はこちら

■2世帯の住宅
2世帯の住宅は将来2世帯にする場合や、両親との生活を視野に入れている方向けです。
玄関は2つ合った方がいいとか家の中で行ききがすぐにできるなど小さな要望も通ります。
2世帯住宅のカタログ資料の詳細はこちら

契約前に知っておきたい情報

契約をする前に知っておきたい情報もたくさんあります。私もそうでしたが、商売の原理原則は材料を安く仕入れて高く売る。これが基本です。家を建てるためにも原価と人件費があります。ちょっとズルイ業者さんなら人件費や原材料の部分を上乗せして請求するところもありますね。そんな業者さんの話の流れは割愛しますが、とにかくいろんな業者さんがいるわけです。そして今生き残っている業者さんと値引きや交渉の中で駆け引きをする必要があります。

しかしそんなプロの業者さんと価格や値引き交渉をしても勝てる可能性だって少なくなります。では一番新築を建ててくれる業者さんが恐れているものは何か?そう、同じ建築の業者さんやハウスメーカーの人間なのです。一括の見積もりという仕組みは非常に優秀な仕組みになっていてユーザーにとってはものすごく便利でかつ納得のいく新築、満足のいくサービスであることは間違いありません。

私の場合はどの業者さんにも同じ条件と同じ内容で新築の詳細を伝えて、新築の見積もり金額やどんなサービスをつけてもらえるのか、出来上がりの期間などを競わせていました。

業者にとっては家を建てる仕事を1回逃してしまうと仕事の単価が大きいのでチャンスロスになってしまうのです。なので是非とも仕事を取りたいと考えています。価格やサービスをズルしたために家を建てる仕事が取れないとその業者もやっていけません。

仮に1社しか知らないユーザーの新築ともなればまさに「いい値」で家を建ててくれる業者からすれば、ありがたい存在でカモです。「勉強させてもらいます!」なんていってお客さんを満足させておいて、腹の中では舌をだして、笑っているという具合が本当のところなのです。新築の費用や価格を念入りに調べてくるタイプのお客様には業者も丁寧に対応してくれるでしょう。