新築の一戸建てと値引き

新築の一戸建てを購入するのは、おそらく一般的に人生の中で一度きりです。買わないという方も多いかと思います。ですから、慎重に進める必要があります。
目次

新築の一戸建ての値引き率と相場

お金がたくさんあれば、すぐに高い家を購入することができますが、どのような新築の一戸建てを建てるにしても予算が必要です。新築の一戸建ては、車や家電などを購入する場合と同じで購入の際、できるだけたくさんの値引きをしてもらった方がお得です。

capture-20160128-151247

特に新築の一戸建てのように支払う金額が高額になると値引き金額も多きなります。では、新築の一戸建てを購入する場合、値引きの相場はいくらかというと・・・購入金額の3~5%前後です。

例えば3000万の場合・・・5%だと150万・・・3%だと90万です。この金額までは値引きが十分可能というわけです。しかし、3~5%以上値引きをしては、営業担当者に見込みなしとみなされてしまったり、他の人が値引きをせずに買ってしまって、購入を逃すことになりかねません。また、建売と注文住宅の両方に当てはまることですが、予想値引き金額が大きい場合、不良物件やいわくつきの物件などであれば後々後悔することになります。(値引き金額以上に損をする可能性も・・・)

新築の一戸建てを購入する場合は、まず自分が購入したい土地付近の物件などを見て回ったりなど、周辺の土地情報を知ることからはじめましょう。たくさん情報を集めていくうちに、土地情報だけでなく間取りや部屋のデザイン、オプション情報、安全性など、自分が欲しいものや付けたいものが分ってきます。その後予算と要望をすり合わせていくと、自然と良い家が出来上がります。必要なもの、不必要なものを、しっかりと仕分け作業しましょう。

値引きの相場については、最初にお伝えしましたが、一つの目安としてご理解ください。建てる土地や、建てる時期、業者によってもその差が違ってきます。

値引き金額が少ない場合は、値引きの代わりにオプションなどの特典サービスをつけてもらうのも一つの方法です。新築の一戸建ては、一生に一度の買い物なので、あらゆることを慎重に選びましょう。

新築の一戸建ての値引きのタイミングは?

363093c085eda22dcdd4a312c14aa660_s

新築の一戸建ての値引きは可能だと言うことは理解できたと思いますが、一番初めに値引きできる金額が最も重要になります。毎月の住宅ローンの支払いも少なくなれば、それだけ毎月の家計も楽になります。よく新聞などの折り込みチラシで新築一戸建てが掲載されるのですが、価格が定価の場合と、値引きされた場合があります。このような場合、時期が関係していることが多いです。

ここには売れ残りという表現でなく、次の販売予定があるので、早めにここの物件を売ってしまいたいという意思があるのです。しかし、そんなメーカーの事情は買う側には関係がないので、安く購入ができるチャンスと考えるべきです。ただ買い手がつかないというだけで、立地や構造も問題ない場合もありますから、値引きされている理由をしっかりと聞いて、納得した上で決めることが大切です。

また、新築と呼べる物件は、物件が完成して一年未満であり、誰も住んだことがないことが条件です。ですから、一年後には新築と呼べなくなるわけです。

安くお得に家を建てる方法

やすくお得に家を建てる方法はどんな方法?

1値引き金額には限界があるので間取りや家のタイプを変更すること

2金額の面で業者との妥協金額を決めること

3最低2から3社のハウスメーカー、工務店から間取りや坪単価を比べること

中でも3つめの2から3社のハウスメーカー、工務店から間取りや坪単価を比べることが同じ場所に同じ建物を建てても金額が違ってきます。

新築を建てる時には

「十分により多くの業者と家のタイプや間取りを見比べる

多くの情報収集を行なう必要がある」

ということです。

例えば・・・

大和ハウスや積水ハウスのような大手ハウスメーカーの家の特徴や

耐震性・安全性・保温性・生活の導線・オール電化対応・システムキッチン・車庫の配置などじっくり調べることが大切です。

 

値段や間取り・仕様をこだわるのであればできるだけ

たくさんの資料を見たり・物件をみることです。

そこで一括で業者の間取りや価格を比べることができるサイトがあります。

まずはメリットをご覧ください。

 

一括の見積もりを取るメリット

  • 他社との価格・サービスの競争ができる。
  • 値引き金額以上の大きな費用の削減ができる。
  • 最終的に決めた会社で更に値引き交渉を開始できる。

 

値引きをする・・・いや、費用を抑えるのであれば実績のある優良企業にお願いしたほうがいいでしょう。もしどこがいいのか分からない方は、タウンライフで無料の新築を建てる会社を紹介していますので無料の資料請求をして問い合わせてください。ハウスメーカーと全国各地の地元の優良企業の資料を一度に取ることができ比較検討に役立ちます。

 ⇒タウンライフの詳細